9月26日に、

静岡県の第一化成株式会社さまにて、

新潟のhakkai株式会社さんとオハラ樹脂の三社合同で、

「新人合同発表会」が開催されました。

第一化成さんから6名、hakkaiさんから1名、オハラ樹脂から3名と、計10名の新人が、

入社後半年の成長を発表しました。(*オハラ樹脂には2年目社員1名がいました)

与えられた発表時間は10分以内、自作のパワーポイントで、半年の成果を

各社社長と役員、先生役であるテクニカルアドバイザーと先輩社員、

そのほか関係する大人たちに見守られて、みんな堂々と発表していました。

昨年は、hakkaiさんと2社で行いましたが、

人材育成の環境を整える立場の我々も、どうしたらもっと早く、

人間的・技術的に早く育成できるか、試行錯誤していますので、

昨年の新人の1年目と同じくらいレベルまで、半年で来ることができました。

 

若い人財を育成する責任が大人(会社と上司)にはあると思っています。

今後も、モノづくりに対する危機感を共有できる仲間たちとともに、

新しい日本の製造業の人材育成を目指したいと思っています。

こういうことが、日本の製造業、特に樹脂成形業界にもどんどん広がり、

若い人財を早く育成できれば、既存の悩みから脱却し、

今我々が直面しているモノづくりの問題をクリアできるのはないかと思っています。

 

オハラアカデミーも、実績で、

1週間から3か月間まで、また単発から繰り返しまでお預かりし、

その人や会社の実情合わせた教育と実習を行っています。

いろんな形で人材育成について幅広く対応いたしております。

 

合同発表会は、来年も開催しますが、もっと多くの会社の方々と一緒に

楽しめるといいなあと思っています。

ありがとうございました。

140926新人合同発表会

 

 

Advertisements

本日、オハラアカデミーが開講されました。

オハラアカデミーとは、

同じ価値観や危機感を共有できるモルダーの社員さんをお預かりし、

弊社が推進・実践している「良品量産安定化技術」の基礎編に始まり、

樹脂成形の量産に必要な考え方、知識・技術を習得し、

グローバルリーダーとなる人財を育成することを目的としています。

研修として数か月間にわたり、弊社の新入社員や若手社員たちと一緒に、学びます。

ちなみにグローバルリーダーとは、

世界中どこの拠点に行っても、リーダーとして、

現地の人を使い、同じ速さで、同じ品質のものが作れるように

量産を制御することができる人財のことです。

今回は、関東に本社があるモルダーさんの新入社員さんを1名受け入れて、

本日より、研修開始しています。

また来週には、我々の技術パートナーであるhakkai株式会社の、

2年目社員さんもアカデミー参加予定です。(2年目の人はまた別プログラム)

 

我々は、「Give & Give」という考えが根本に強くありますので、

社外受講生には包み隠さず、弊社従業員と同じ場所内容で、学んでもらいます。

学んでもらった内容・資料やデータもそのまま持ち帰ってもらいます。

 

今後も受講生を受入れて、グローバル人財となれる若者をどんどん育成し、

世界に勝つための日本の製造業として、樹脂成形を進化させたいと考えています。

 

●オハラアカデミーについてのお問い合わせ先

academy@ohara-jk.com

まで、どうぞお願いします。

それでは、ありがとうございました。