9月26日に、

静岡県の第一化成株式会社さまにて、

新潟のhakkai株式会社さんとオハラ樹脂の三社合同で、

「新人合同発表会」が開催されました。

第一化成さんから6名、hakkaiさんから1名、オハラ樹脂から3名と、計10名の新人が、

入社後半年の成長を発表しました。(*オハラ樹脂には2年目社員1名がいました)

与えられた発表時間は10分以内、自作のパワーポイントで、半年の成果を

各社社長と役員、先生役であるテクニカルアドバイザーと先輩社員、

そのほか関係する大人たちに見守られて、みんな堂々と発表していました。

昨年は、hakkaiさんと2社で行いましたが、

人材育成の環境を整える立場の我々も、どうしたらもっと早く、

人間的・技術的に早く育成できるか、試行錯誤していますので、

昨年の新人の1年目と同じくらいレベルまで、半年で来ることができました。

 

若い人財を育成する責任が大人(会社と上司)にはあると思っています。

今後も、モノづくりに対する危機感を共有できる仲間たちとともに、

新しい日本の製造業の人材育成を目指したいと思っています。

こういうことが、日本の製造業、特に樹脂成形業界にもどんどん広がり、

若い人財を早く育成できれば、既存の悩みから脱却し、

今我々が直面しているモノづくりの問題をクリアできるのはないかと思っています。

 

オハラアカデミーも、実績で、

1週間から3か月間まで、また単発から繰り返しまでお預かりし、

その人や会社の実情合わせた教育と実習を行っています。

いろんな形で人材育成について幅広く対応いたしております。

 

合同発表会は、来年も開催しますが、もっと多くの会社の方々と一緒に

楽しめるといいなあと思っています。

ありがとうございました。

140926新人合同発表会

 

 

Advertisements

This slideshow requires JavaScript.

3D非接触式測定機が、導入されました。

3Dプリンター、流動解析+サーモカメラによる熱解析、と合わせ、

わが社が目指す進化形の量産準備業務に必要な道具類が揃いました。

これにより、より早い段階(3D設計データ入手段階)で、

今まで以上に速いスピードで、

今まで以上に高い精度で、

量産に向けた準備をすることが可能になります。

また、解析、型設計・製作、実成形までの確からしさの答え合わせをすることも可能になりました。

あとはこれを使いこなす人財育成です。

日本のモノづくりが今まで以上に進化できるように、一生懸命頑張っていきます。

ありがとうございました。

 

本日、オハラアカデミーが開講されました。

オハラアカデミーとは、

同じ価値観や危機感を共有できるモルダーの社員さんをお預かりし、

弊社が推進・実践している「良品量産安定化技術」の基礎編に始まり、

樹脂成形の量産に必要な考え方、知識・技術を習得し、

グローバルリーダーとなる人財を育成することを目的としています。

研修として数か月間にわたり、弊社の新入社員や若手社員たちと一緒に、学びます。

ちなみにグローバルリーダーとは、

世界中どこの拠点に行っても、リーダーとして、

現地の人を使い、同じ速さで、同じ品質のものが作れるように

量産を制御することができる人財のことです。

今回は、関東に本社があるモルダーさんの新入社員さんを1名受け入れて、

本日より、研修開始しています。

また来週には、我々の技術パートナーであるhakkai株式会社の、

2年目社員さんもアカデミー参加予定です。(2年目の人はまた別プログラム)

 

我々は、「Give & Give」という考えが根本に強くありますので、

社外受講生には包み隠さず、弊社従業員と同じ場所内容で、学んでもらいます。

学んでもらった内容・資料やデータもそのまま持ち帰ってもらいます。

 

今後も受講生を受入れて、グローバル人財となれる若者をどんどん育成し、

世界に勝つための日本の製造業として、樹脂成形を進化させたいと考えています。

 

●オハラアカデミーについてのお問い合わせ先

academy@ohara-jk.com

まで、どうぞお願いします。

それでは、ありがとうございました。

 

 

前々回に引き続き、

新入社員研修を受講中の男性にも登場いただきます。

=======================================

2013年度入社の兒玉です。

世間では入社2~3ヶ月で正式配属が決まり、

「会社の事も分からない」「仕事内容が分からないまま働かされている」

という状態が多くあると思います。

それに対して当社の教育制度は、

技術系の部署を4種類×3ヶ月ずつ、その後2ヶ月間のベトナム工場研修が基本となっており、

正式配属まで1年半~2にも上ります。

その間、当社テクニカルアドバイザー(以下TA)による定期的な講習会も開かれ、

また一般的な通信教育を受けることによって、基本的な知識をじっくり身に付けることができます。

 

しかし、「仕事」には知識だけではなく行動を伴わせることが必要です。

我社は新潟にあるhakkai株式会社と(主に技術的な面で)提携していますが、

TAを通じて合同研修を開き、相互のレベルアップを目標に「実習」を中心とした教育を始めました。

この合同研修では、「良品量産安定化(良いモノを安定して作り続けること)」を目標に、

原料の特性・管理方法からモノづくりの基本や品質管理まで、

またそれらに対する「論理的な考え方」をみっちり教わることができ、

その内容を実践することまで行ないます。

「教わった通りの現象が起こるのか」を体感し、

起こらなかった場合は「なぜ違う結果が出てきたのか」を自分達で繰り返し検証することで、

短期間にも関わらず自らの成長を感じることができました。

 この会社に入って感じたことは、一言で表すと「新人の教育にとても熱心」であることです。

「樹脂」に関して全く無知でも大丈夫!!! 私がそうだった様に…。

 各部署を研修して見つけた私の抱負は、

今後正式配属される部署の事だけではなく、

その前後の仕事をする部署の事も考え行動出来るような、

点を線で繋ぐことができる人間に成っていきたいと思います。

=======================================

前回の西牧さんもそうでしたが、

会社側が意図していることと、受講本人の感覚が一致していることが

何よりうれしいです。

一生懸命に勉強する彼らを見て、古い我々も共鳴させられます。

意欲のある人たちには、さらに良い環境をどんどん提供していきたいと思います。

ありがとうございました。